子供の便秘は意外と深刻な問題なのですよ~その3~

さて、前回の続きとなりますが、子供の便秘を解消するためには、朝必ず便をするという習慣をつけるのが一番です。そのためには、排便できなくてもいいので、ご飯の後にはトイレに座るということを習慣にしてしまうのが第一です。10分くらいは座っているようにしてみると、そのうち便意が来るものです。

 

さて、食事の中に食物繊維を取り入れた方が良いとは言いましたが、食物繊維には実は2種類あって、それが水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。水溶性の食物繊維は、海草やバナナなど、水に溶かすとドロドロの状態になるようなものです。腸内の善玉菌を増やす作用があるので腸内環境を良くしてくれます。一方、不溶性の食物繊維は、芋や豆など食べるとお腹が張ってくるような食べ物で、水を含むとふくらんで、どんどん大きくなる性質があります。便を押し出して排便を助けますが、子供の場合には食べ過ぎるとかえってお腹を壊す原因にもなりますので、出来れば不溶性のものよりも水溶性の食物繊維を多めにとった方がいいでしょう。

 

また、どうしても緊急に排便をさせたいという時には、必ず病院で処方してもらうようにしましょう。子供には市販の便秘薬は強すぎてしまう場合が多いからです。病院へ行くことが出来ないのであれば、薬局にいる薬剤師さんを頼るという方法もありますので、とにかく自分だけで判断してしまうのは危険ですのでやめましょう。

 

 

また、下剤を使用する場合は、まず病院へ行き診察を受けるまたは薬局の薬剤師さんに相談をするなどして、子供の体に合わせた正しい分量を守って服用するようにしてください。下剤は頼りすぎてしまうと便秘を悪化する原因にもなりますので、急を要する場合だけに留めておくことをオススメします。

 

また、排便をする際に重要なことの一つとして「リラックスする」ということも挙げられます。体内の神経系には交感神経と副交感神経という2種類がありますが、排便作用をつかさどるのは副交感神経の方です。こちらは、身体がリラックスモードに入る夜中に活発に働く神経です。ですから、夜の間、リラックスしてゆっくりと休むことは、排便をスムーズにする上で非常に大切なのです。このことから、精神的なストレスなどから神経が緊張してしまい、なかなか排便が起きなくなるという可能性もあるのです。ストレスをためないようにすることも、健康な生活のためにはとても大切なことですね。

 

便秘解消のためには、このように生活習慣を改善していくことが一番大事なのですが、必要に応じてサプリメントなどを生活に取り入れていってもいいかもしれません。興味のある方は、是非こちらのサイトも参考にしてみてください。

 

子供の便秘は意外と深刻な問題なのですよ~その2~

前回の続きで、今回も子供の便秘について考えていきます。

 

まず第一に問題なのが、便秘になっている子供について、母親はそんなに深刻な問題であるととらえていないということがあります。1日に1回便が出なくても、母親は特に気にしていないということです。また、子供がちゃんと毎日排便出来ているのかについて把握している母親自体も、とても少ないようなのです。実は子供は便秘になっているのに、それに気が付いていなければ、対処のしようもありませんね。特に子供というのは、まだ神経が発達途中ですので、便秘になっていることに自分で気が付くことがなかなか出来ません。ですから、親がそれに気が付いて、対処してあげる必要があるのです。また、子供は筋力も弱いので、排便する力もまだそんなにありませんから、便の質を良くしていくことがとても大事です。

 

子供の便秘には、色々なタイプがあります。その一つが自律神経の乱れやストレスから来るものです。交感神経や副交感神経が上手く作動しなくなってしまうことで、排便を促す作用が弱くなってしまいます。また、小さな子供の便秘は、ただの便秘ではなく別の病気から来ていることもあるので注意が必要です。顔色が悪く様子がおかしい場合には、すぐに病院を受診するようにしてください。特に「腸重積」という病気は、腸が重なってしまい、腸内に血が流れなくなってしまう怖い病気です。腹痛や出血を伴いますので、そのような場合には早急に病院で治療しましょう。

 

毎朝排便が出来るように、きちんと早めに起床して朝食を摂りましょう。野菜、果物、海藻類など食物繊維の入ったものを食べるようにして、便意が来るようにしてあげてください。その場合、消化の良い果物などから先に食べた方が便は出やすくなります。毎朝家で排便できるようになれば、学校でトイレを我慢してしまう子供でも問題ありません。そのためにもやはり、早寝早起きの習慣をつけることはとても大切ですね。

 

朝食は、沢山食べる必要はないのです。要は何か消化が良い食べ物を胃腸に入れることで、腸に刺激を与えてあげることが重要なのです。そうすることで、昨晩食べたものが排泄しやすくなります。パン1個でも、バナナ1本でも構いませんから、何かお腹に入れてあげるように心がけてください。

 

続く~

子供の便秘は意外と深刻な問題なのですよ~その1~

みなさん、便秘と言えば、大人(特に女性)が悩む問題だと思っていませんか?しかし、実は沢山の子供が便秘の症状に悩んでいる事実を、あなたはご存知でしょうか?ご自分の子供が目の前で酷い便秘に悩んでいたとしたら、すぐにでも解消させてあげたいと考えて、薬などを使用して対処してしまうかもしれませんよね。

でも、子供の頃から便秘解消のために下剤などに頼り過ぎることで、身体がそれに頼る癖をつけてしまうのです。そして、自力で排便活動が出来なくなって、結果的には反対に便秘を悪化させてしまう原因になるのです。

健康な子供であれば、腸が活発に活動していると1日に1回~3回くらい便が出るものです。でも、最近の子供達は、1日に1回も排便しないのだとか。これは結構深刻な問題なのではないでしょうか。

これは、子供の身体の不調だけでなく、もしかしたら心の不調も表しているのかもしれません。 なぜなら、多くの子供達は、学校のトイレで便をすることに恐怖を抱いているようなのです。便をすることは、本来、恥ずかしいことでも何でもありませんし、そのことをからかったり虐めたりするのは、かなり異常なことです。

また、現代の子供達にとっては、夜更かしすることなども普通のことになっており、不健康な生活習慣を送っていたり、さらにはインスタント食品ばかりを食べることなどからも自律神経が乱れてきているようです。このようなこと全部が、子供の便秘という現象になって現れているのではないでしょうか。

便秘が長く続くことで、それが大きな病気に繋がっていくことは言うまでもありません。子供のうちから便秘を改善していくために健康的な生活習慣と食生活を身につけていくことはとても大事なことでしょう。

安易に下剤などに頼るのではなく、根本的な解決に向けて生活を見直していきましょう。

次回は、具体的にはどんなふうに子供の便秘を改善していけばいいのかについて、一緒に考えていきましょう。

オリゴ糖が健康に良い理由

Akkiです!

健康ライフを送って、みんなで生涯現役、150歳まで生きていきましょう!

みんなが生涯現役で生産活動を続けていける世の中であれば、高齢化社会なんてちっとも怖くはありません!ということで、私Akkiは、健康ライフのための情報を発信していきます。

今日は、健康にとても良い効果のある「オリゴ糖」についてです。オリゴ糖は、天然の食品の中にも含まれている成分ですが、毎日の生活の中に上手に取り入れていくことで、腸内環境を整えてくれて、結果、免疫力もアップして、身体全体の調子が上がります。 オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになるものですので、善玉菌を増やし、その働きを良くしてくれます。

すると、腸内フローラが理想的な状態に近づき、便秘なども解消されてスッキリです。また、オリゴ糖は糖質の1種ではありますが、砂糖よりも断然カロリーが低いのです。便秘解消でお腹もスッキリしますから、ダイエットにも効果的ですね。

また、最近の研究結果では、デブ菌なんていうものの存在も明らかになりました。腸内にどんな菌が存在しているかによって、太りやすさ、痩せやすさが決まってしまうというではありませんか。そして、オリゴ糖をエサにする善玉菌は、もちろん痩せやすい人の体内に多く存在している菌です。腸内フローラを改善していくことで、痩せやすい体質になり、ダイエット効果を発揮してくれるのです。

それに、腸内環境を改善することで、体内のデトックス効果も高まります。すると、血液も綺麗になり、お肌もスベスベ、吹き出物や乾燥肌、くすみなども改善されます。それに、腸内の善玉菌には、有害な細菌を取り除く効果もありますから、身体の免疫が上がって風邪もひきにくくなるのです。便秘が改善することでアレルギー症状などもなくなったという報告を頻繁に聞きますが、これも腸内環境の改善効果だと言えるのではないでしょうか。

このように、オリゴ糖を生活に取り入れることで、腸内環境を改善し、様々な健康効果が期待出来るのです。 私は家で、一切、精製された白砂糖は使用しておりません。代わりにオリゴ糖、ラカントSなどを使って料理をしております。太りにくいのはもちろん、毎日快便、快調!皆さんにもオススメです。毎日使う砂糖をオリゴ糖に変えるだけですので、無理なく摂取出来ますよ。

ということで、今回はここまで。 次回の記事もお楽しみに。